ワキガ・多汗症の治療法

ワキガ・多汗症の治療の目的は、汗の量を減らし、臭いを減らすことになります。根本的な治療としては、汗の原因であるアポクリン腺やエクリン腺を減らすこと、汗を出す刺激を減らすことになります。補助的には、食事に気をつけたり清潔を保つことなどでも多少の改善が見られます。

新しい切らないワキガ・多汗症治療

 

ビューホット

ビューホット

従来のワキガ・多汗症の手術療法は、皮膚を切開し、皮膚の裏側からアポクリン腺やエクリン腺を切除する最も効果が高いものですが、手術に抵抗のある方や傷跡を気にされる方も多く、また、手術後に手術部位を圧迫固定するため、日常生活、入浴、仕事等に制限があります。そのため、わきが・多汗症で悩んでいる方が治療をためらうケースも多くみられます。 そこで施術効率、身体への負担を大幅に改善した高周波を用いた新理論ビューホット治療が登場しました。 ビューホットは、切らずにワキガ・多汗症の症状を改善します。また、施術後に圧迫固定などが不要で、日常生活の制限がほとんどない治療法です。

詳しくは、ビューホットについてのページをご覧ください。

代表的な手術法

 

切開・せん除法

腋の皮膚のシワに沿って4~5cmほどの切開をし、皮膚を裏返し、汗腺を直接確認しながらハサミで少しずつ切り取っていく方法です。効果が高い方法ですが、傷が大きく、ダウンタイムは多少長くなります。

マイクロシェービング法

マイクロシェーバー

マイクロシェーバーと呼ばれる細い管状の機器を用い、マイクロチップの回転エネルギーで、アポクリン腺とエクリン腺を皮膚の裏側から少しずつ削り取っていく方法です。ワキのしわに沿った1センチ程度の傷で済み、皮膚への負担も少なく、切開・せん除法と同様に効果も高い方法です。当院でもっともお勧めしている手術法になります。(再手術などの際は、切開・せん除法の効果より劣る場合もありますので、カウンセリングでご相談ください)

吸引法

細い管状の吸引カニューラで汗腺を吸い取っていく方法です。しかしアポクリン腺は真皮とよばれる硬い皮膚の中にありますのでこの器械では十分に取ることはできません。皮膚の切開も小さく,手術後の回復が早いというメリットがありますが、汗腺をしっかり取り除くことは難しいため、汗の腺の取り残しが多い方法です。

超音波法

超音波を利用し、血管や神経を避けて汗腺のみを吸引する方法です。吸引法よりは多少の効果はありますが、取り残しが多く、吸引法と同様にお勧めできない方法です。

切除法

腋毛の生えている部分の皮膚を大きく切り取る方法です。あまり広範囲は難しく、ワキガの原因となるアポクリン腺のある部分を全部切り取ることは困難です。結局中央部だけを切除することになることが多 く、切り取った傷の周りに腋毛や汗腺が残るなど治療効果としては不完全となりやすいのが欠点です。また大きく皮膚を切り取り無理して縫い縮めるわけですか ら、傷痕も大きく皮膚のつっぱり、腕が挙げ難くなる等、後遺症が残ることがあります。近年ではあまり行なわれません。

イナバ式皮下組織削除法

ローラーとカミソリの刃のようなものがついた器具で皮膚を裏から薄く削る方法です。2cm程の切開で皮膚を紙のようにペラペラに極薄に削ることも出来るため、効果は高いものです。しかし術 後の厳密な自己管理が必要となり、管理不足だとワキの皮膚が壊死してしまうこともあります。皮膚を極薄に削るため熟練した技術も必要となります。完璧に行えた場合でも、手術後の皮膚はあまり良い状態ではなくなりますので、外観を全く気にされず汗腺は徹底的に取って欲しい人向きになります。

ボトックス(ボツリヌストキシン)注射

 

ボトックス(ボツリヌストキシン)は交感神経線維をブロックすることにより汗腺への発汗指令を止める働きをします。これにより汗の量を抑えることが可能です。汗腺そのものが減るわけではありませんので、効果は永続的なものではありません(約4ヶ月から6ヶ月間)が、治療時間は5分程度で日常生活に制限を受けることなく気軽に治療を受けていただけます。効果が永続的なものではありませんが、気軽に受けていただけることが特長です。

その他の治療法

 

脱毛

ワキの毛を脱毛することで、毛根周囲の細菌の数が減るために、多少のワキガ臭を抑えることができます。ただ、根本的な治療ではありませんので、ワキガに対する効果は不確実で、汗の量も変わりませんので、補助的な方法とお考えください。

外用薬

外用薬の使用で多少の効果が見られる場合もありますが、持続時間が短いために、一日に何度も使用する必要があります。また、体質的に合わない外用薬を長期間使用すると、湿疹ができたり、腋の下に色素沈着をきたすことがありますので注意する必要があります。

作成日
2016/10/15 09:34
最終更新日
2016/10/15 09:35
大阪・梅田の美容外科メールカウンセリング 大阪・梅田の美容外科予約